【知らないとヤバイ!】アミノ酸シャンプーを使っているのに乾燥してしまう理由とは?

Pocket

アミノ酸シャンプーを使っているのに髪の毛が乾燥してしまうなぁ
と思うことってありませんか?

 

 

 でもこういう悩みって簡単に解決できるのかなぁ
と諦めてしまうかも。でもそこで諦めるのは早いんです。

 

 

あなたが使っているシャンプーを見直す事によって以外と簡単に
 解決できるって知ってましたか?
 洗浄パワーの強力シャンプーを使用すると、
 それが要因で髪の乾燥が起こるケースがあります。

 

 

なのでここでは、アミノ酸シャンプーを使って髪が乾燥してしまう
理由と対策に関して書いていきます。

 

髪がキシキシ・パサパサに乾燥してしまう原因とは?

 

 

 

アミノ酸シャンプーを使い出してから下記の様な不安を感じていませんか!?
・髪の毛がパサパサ・キシキシになってしまう
・アミノ酸シャンプーを使っているのに乾燥気味

 

 

 

もし、アミノ酸シャンプーを使っていてこんな悩みがあるのなら、
早急にシャンプーを変えてみる事をオススメします!

 

 

髪の毛が水分がなくなってしまうシャンプーをずっと使用すると、
毎朝のスタイリングが上手くいかなかったり、見た目の印象も良くありません。
加えて切れ毛・抜け毛の要因になってしまいますから注意が必要です。

 

 

 

洗浄パワーの強力なシャンプーを使用すると、それが要因で
髪の乾燥が引き起こされるケースがあります。

 

 

アミノ酸シャンプーは一般的に、洗浄力はマイルドで保湿力が
抜群なシャンプーでして、キシキシやパサパサ感は見受けられないものでした。

 

 

ですが、ありとあらゆるアミノ酸シャンプーがそうだとは限りません。
一部分のシャンプーには、アミノ酸シャンプーだというのに使用後
パサパサ・キシキシと水分を失ってしまう心配のあるシャンプーも存在するのです。

 

 

このことはアミノ酸シャンプーに含有されている
洗浄剤の理由でもたらされてしまうのです。

 

 

近ごろ、アミノ酸シャンプーにも色々な洗浄成分が
ブレンドされるようになりました。

 

 

そのワケは、現在までアミノ酸系洗浄剤だけを使用したシャンプーだと
洗浄パワーが弱すぎて、きちんと汚れや皮脂をきれいにし落とすことが
できない人が多いことから、数種類の洗浄剤を付加する事で、
そのウィークポイントをカーバーするためなのです。

 

 

 

そのようにして、今までの純アミノ酸シャンプーから洗浄パワーが
若干高めのアミノ酸シャンプーが生まれたのです。
こういったシャンプーは洗浄パワーが強くなるけど、頭皮に多かれ少なかれ
刺激を与えることから乾燥の引き金になるケースがあります。

 

 

 

 

とりわけ生まれつき乾燥肌の人は、皮脂が少ない体質ですから
乾燥を増進することでもあります。
だとすれば、アミノ酸シャンプーで髪を乾燥させないようにするには
どんなふうなお手入をすればよいのでしょうか?

 

アミノ酸シャンプーで髪の毛が乾燥する場合の対策!

 

髪の毛が水分がなくなって乾燥してしまった時は、
まず第一に使っているシャンプーを見直すことが大切になります。
もしも今使っているシャンプーを無理して使い続けてしまうと、
さらに悪化してしまう危険があるので注意が必要です。

 

 

ならば実際、髪の毛がパサパサになってしまう場合、どんなシャンプーを
使うと効果的なのかにあたって紹介していきます。

 

 

硫酸系と石鹸系の洗浄成分の違いとは?

 

 

アミノ酸シャンプーに含有されている洗浄パワーの強い洗浄成分とし、
硫酸系と石鹸系の洗浄成分を挙げることができます。

 

 

硫酸系洗浄成分の特性は、洗浄力が高く、泡立ちが良いです。
しかしウイークポイントとして洗浄パワーが強いが故、
必要不可欠な皮脂さえも落としすぎてしまうのです。
こういった類の成分は髪の乾燥あるいは頭皮へのダメージにも影響を及ぼします。

 

 

 

硫酸系洗浄成分はドラッグストアーなどで販売されている
市販のシャンプーに使われている成分です。
わりとロープライスのシャンプーに多い成分です。
成分表示に“硫酸”というワードがあるのなら要注意ですね。

 

 

 

具体的に言えば、ラウリル硫酸Na(ナトリウム)、ラウレス硫酸Na(ナトリウム)、
ラウリル硫酸TEAなどが代表的な成分になります。

 

 

 

対して石鹸系洗浄成分は、洗浄パワーが強く、生分解性が
優秀であるため環境に優しい成分です。
けれど、アルカリ性ですので肌や髪の毛にとっては刺激や
ダメージが強く、きしみや乾燥の要因となります。

 

 

カラーやパーマが落ちやすい傾向にあるので要注意ですね。
一般的な成分として、石けん用素地、純石けん、脂肪酸ナトリウムです。

 

潤い保湿成分なら馬油成分がおすすめ?!

 

とりわけ髪のパサツキ・キシキシが気になっている
あなたにおすすめなのは、馬油が配合されたシャンプーです。
馬油は、馬の脂肪から不純物を取り去った純粋な保湿成分です。

 

 

馬油を使用したシャンプーは、頭皮の必要以上の皮脂、
汚れのみを洗浄し、バランスのとれた潤いを髪に残します。

 

<<まとめ>>

アミノ酸シャンプーを選ぶポイントについてご紹介します。

 

  

  ・低刺激のアミノ酸系の洗浄成分だけを配合
  ・馬油などのうるおい保湿成分を配合
  

 

 

とりわけあなたが乾燥肌や肌が弱いのであれば、
刺激が少なく肌に優しいアミノ酸系洗浄剤だけを
使ったシャンプーが必要不可欠です。

 

 

近ごろ、アミノ酸シャンプーでも数多くの洗浄成分が一緒に
なっていますので、“アミノ酸シャンプー”と記されてあったとしても、
頭皮や髪の毛に若干刺激がある洗浄剤が配合されているケースがあります。

 

 

このような洗浄剤が混ぜ合わせいないか前もって
見定めておいた方が良いでしょう。
そして先ほど説明した馬油などの潤い保湿成分が入ったシャンプーがいいですよ。
保湿は乾燥から守ってくれますので、大事ですね。

 

私が実際に使って良かった馬油配合のシャンプー!

 

【ウーマシャンプープレミアムの体験レビュー!実際に購入した感想!】

 

【ウーマシャンプープレミアムの評価|購入40日後の口コミ! 】

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です