頭がかゆい!それってもしかして乾燥が原因かも?!

Pocket

冬場になると頭皮が乾燥するなぁと思うことってありませんか?
手や顔のお肌の同じで頭皮も冬場は特に乾燥しやすいんですよ。

 

 

そんな乾燥に対する簡単な対策方法があるって知ってましたか?
 これを知っているかしらないかで全然違ってくるはずです。
当たり前だと思ってやっていた事も実は間違っていたり・・・・

 

 

原因と対策についてわかりやすく説明していきます。

 

頭のかゆみの原因って一体何?

 

 

 

頭皮が乾燥してしまうと、水分が抜けやすくなってしまいます。
 その結果肌のバリア機能が奪われてしまいます。
それにより、外部からの刺激に敏感になってしまい、
頭皮に炎症に見舞われる事により、かゆみが生じやすくなるのです。

 

 

 

<<頭皮が乾燥する冬場に気を付ける事>>

頭皮は毛穴が多くあるから、おでこやほほと比較すると
乾燥しやすい場所なんです。
なぜかと言うと水分保持やバリア機能が弱いからなんです。
冬って当然ですけど気温は低いですし、空気が乾燥しているので、
外気の影響が受けやすいのです。

 

加えて、冬場はドライヤーを使う時間が長くなりますから、
一層乾燥が進行して頭皮トラブルを悪化させる原因になります。
さらに、髪の毛が乾燥でパサついてしまうと、保湿をするために
トリートメントなどを使いますよね?
そういった場合にもすすぎ残しによる刺激が原因になる事もあるんですよ。

 

<<これはNG!冬場に間違ったシャンプーの仕方!>>

頭皮は顔と比較しても皮脂腺が多くて、皮脂量が顔のTゾーンの
2倍以上あるんです。

 

だけどこれ大事なんですけど、冬場の方が皮脂量が
多くなってしまうのはほとんど知られていません。

 

 

そして冬場の朝シャンはほんとヤバイです。乾燥を進行させてしまいます。
髪のセットのために洗ったり、汗や汚れがあんまりないのに
洗ってしまう事は、乾燥がエスカレートしてしまいます。

 

シャンプーのしずぎって良くないのですよ!それは頭皮を乾燥させてしまい、
皮膚を防御するために必要以上の皮脂分泌が発生します。
加えて、冬は当然ですけど汗をあまりかかないですよね?

 

 

だから皮脂はサラサラしていなくネットリしているのです。
その余分な皮脂が毛穴を詰まらせ、頭皮環境に悪影響を及ぼしてしまうのです。

 

<<食事での栄養不足>>

 

食事をカットするダイエットをしている場合、栄養不足によって
お肌や頭皮が乾燥してしまうケースがあります。
とりわけホウレン草を始めとした緑黄色野菜やレバーに
多く含有されるビタミンAが不足した場合です。

 

 

また不足してしまうと頭皮を乾燥させてしまう成分として
「美肌ビタミン」と知られるビタミンC、「アンチエイジングの肝」ビタミンE、
「元気の源」と言われるビタミンB、肌にハリをもたらし、
水分とみずみずしさをキープするコラーゲン、
自己免疫力をあげるミネラルなどがあります。

 

乾燥で頭皮がかゆい時はどうすればいい?

 

☆入浴時にすすぎを念入りに行う

頭皮が乾燥して外気からの防御機能が弱ってしまうと、わずかな刺激で
炎症になってしまって、かゆみが発生してしまうケースがあります。
しっかりと丁寧に洗い流して、頭皮に刺激とならないようにする事が重要です。

加えて、シャンプーのしすぎは頭皮の乾燥をもっとひどくし、
頭皮が刺激を受けやすくなってしまうから注意が必要です。

 

 

☆ドライヤーを使う時間はできるだけ短く!
ドライヤーの熱も頭皮にダメージを発生させます。
髪をドライヤーで髪の毛を乾かす場合には、タオルでしっかり拭いて、
可能な限り短時間で終わらせるようにする事が大切です。

 

 

☆保湿が何よりも大事!
頭皮が乾燥して場合には育毛剤や育毛ローションを使うのも効果的です。
育毛剤や育毛ローションには頭皮を保湿する成分が
入っている事がほとんどだからです。

 

シャンプーを変えてみる事も検討しましょう!

 

地肌の皮脂を根こそぎ落としてしまう石油系界面活性剤が
入っているシャンプーを使っている場合には、乾燥を一段と
進行させてしまいますよ。

 

 

今使っているシャンプーの成分に「ラウリル硫酸(ナトリウム)」と
記載されているシャンプーは使うのを避けるべきです。
その代わりに洗浄力がソフトなアミノ酸系シャンプーに変えてみてください。

 

 

頭皮のかゆみなどの嫌な思いが少なくなり、頭皮環境が良くなって
頭皮が潤った状態に戻れば、フケがおさまる可能性が期待できます。
アミノ酸系シャンプー以外のシャンプーを選ぶなら、下記を意識してください。

 

 

オイル系シャンプーなら、石油系ではなく植物オイルなど
天然由来のオイルが主成分のものをチョイス。

 

石鹸系シャンプーなら、洗浄パワーの強い
弱アルカリ性はやめて、弱酸性をチョイス。

 

 

薬用シャンプーなら、「アラントイン」など
乾性フケに効果のあるものをチョイス。

 

僕が実際に使ってみて良かったアミノ酸系シャンプー

 

 

【ウーマシャンプープレミアムの体験レビュー!実際に購入した感想!】

 

【ウーマシャンプープレミアムの評価|購入40日後の口コミ! 】

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です