ヘアサイクルを正常化できる人気のシャンプーとは??

Pocket

最近髪の毛が良く抜けるなぁとか髪の毛が細くなった気がする
と思うことってありませんか?

 

 


それはヘアサイクルの乱れている可能性がとても高いかも知れません。
 ヘアサイクルを正常化させる事が重要になってきます。

 

 

 ヘアサイクルってそもそも何ですか?というあなたのために
ヘアサイクルが乱れる原因、改善できるシャンプーまで
わかりやすく説明していきます。

 

 

ヘアサイクルってそもそも何ですか??

 

ヘアサイクルってわかりやすく言うと髪の毛の一生です。
髪の毛が生えて、成長して、そして抜けていく。
この一連の流れの事をヘアサイクルと言います。

 

 

ヘアサイクルも具体的には大きく4つの期間に分ける事ができます。
成長期      豊富な栄養を吸収し、髪が太く伸びる時期。
成長期・後期  古い髪が抜けていき、新しい髪が生える。
退行期      グングン伸び終わると毛根が徐々に退化。
休止期      成長が完全に止まり生え変わる時期に。

 

 

髪の毛が抜ける事はとても自然な事なのです。
正常なヘアサイクルの人でも1日に100本前後は抜けると
言われているんですよ。
結構多いですよね~

 

しかしヘアサイクルが乱れるともっと抜けるのです。

 

ヘアサイクルが乱れるってどういう状況なの??

ヘアサイクルが乱れるっていう事はわかりやすく言うと

髪の毛の成長期が短くなる事なんです。

髪の毛の成長期が短い=髪の毛が成長しない

 

って事なんです。

 

 

ヘアサイクルが正常ですと髪の毛の成長期は4~6年と
言われていますが、ヘアサイクルが乱れるとこの期間が
グッと短くなってしまうのです。

 

 

成長期の期間が短くなるという事は、髪の毛がしっかり太く長く
なる前に、髪の毛の成長がストップして抜け落ちるのも早く
なってしまうのです。

 

 

その結果髪の毛の量が減ってしまい、薄毛になってしまう
のです。

 

ヘアサイクルが乱れる原因とは??

 

ヘアサイクルが乱れる原因というのは、いくつか考えられます。
元々の遺伝、仕事でのストレス、加齢によるものや食生活を含めた
生活習慣です。

 

 

しかしこれらの事ははっきりとした根拠はありません。

 

 

明らかに解明されているのは
男性ホルモンが増えた事による影響です。

 

詳しく見ていく事にしましょう。

 

男性ホルモンのテストステロンが毛根の箇所に存在する
5αリダクターゼⅡと結合します。

 

この動きによってテストステロンがさらにホルモン作用の強い
DHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。

 

DHTが男性ホルモン受容体と結合する事によって、TGF-βという
脱毛因子が生まれるのです。

 

このTGF-βが髪の毛の成長を妨げて、成長を止めてしまうのです。

 

少しわかりづらいと思うのでまとめました。

 

① 男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼⅡと結合する。
② ①の動きによってDHTが生成されて、男性ホルモンと受容体と結合 
③ TGF-βが発生して、髪の毛の成長期が短くなる。
④ 髪の毛の成長が抑制されて、太く長くなる前に抜け落ちる。

 

ヘアサイクルに基づいたスカルプケアシャンプー!

 

年齢や遺伝だからと言って絶対あきらめたくないですよね!!
そんな深い悩みを解決するのウーマシャンプです。

ヘアサイクルに合わせた理想的な頭皮ケアをしてくれる
シャンプーです。

 

 

ウーマシャンプーの使い方としては
1.予洗い ・・・しっかり汚れをこの時点で洗い流します。
※頭髪の洗浄・スカルプケアを実感頂くためにも1日1回2プッシュでの
         適量で使用します。
2.洗髪  ・・・爪を立てず、指の腹を使い洗います。(頭皮を傷つけない)
3.すすぎ ・・・どんなシャンプーもすすぎ不足では毛穴に界面活性剤のカスが
        詰まります。
4.ドライヤー ・・・湿った頭皮のままですと雑菌が繁殖してしまいます。

 

 

でOKです。

 

ヘアサイクルが乱れてしまうと髪の毛が抜けやすくなってしまうのが
わかりました。

あなたもヘアサイクルをしっかり回復させて、長く太い髪の毛が
生えてくるような環境作りをしましょう!!

 

 ウーマシャンプープレミアムをお得に購入する!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です