遺伝は薄毛に関係あるのか?母方の祖父がハゲてるとヤバイ??

Pocket

以前は髪の毛がフサフサにあったのに最近薄毛になってきたなと
思うことってありませんか?

 

 

 親父も薄毛だし、母方の祖父もハゲているので遺伝だな
と諦めてしまうかも。でもそこで諦めるのは早いんです。

 

 

薄毛は100%遺伝ではないって知ってましたか?
薄毛は遺伝だけではなく生活習慣やシャンプー環境なども含めて
 いろいろあるのです。

 

 

薄毛と遺伝についてカンタンに説明していきます。

 

薄毛と遺伝は深い関係がある?

 

薄毛と遺伝には深い関係があると言われています。
AGAの遺伝の確率は25%なので、単純に4人に1人が遺伝して
いる事になります。

 

 

 

しかしながら薄毛の確率が遺伝したとしても、必ず薄毛になる
わけではない所が不思議な所でもあります。
それは薄毛の原因が遺伝ではないかも知れないからです。

 

 

 

男性特有のAGAは男性ホルモンが影響していると言われています。
男性が薄毛になってしまう原因というのは、男性ホルモンの1つである
テストステロンが5αリダクターゼという変換酵素により、ジヒドロテストステロンと
いう物質に変化します。

 

 

 

ジヒドロテストステロンはヘアサイクルの成長期の部分を短くしてしまう
因子を増やす作用があるので、ヘアサイクルの周期自体が短くなって
しまうのです。

 

 

 

上記の理由によって髪の毛が長く太く成長しないで、短く細い毛が
多くなり抜け毛となってしまうのです。

 

 

5αリダクターゼの分泌量は遺伝によって異なるのか??

 

 

5αリダクターゼの分泌量は遺伝によって異なると言われています。
遺伝によって薄毛になってしまうのは、5αリダクターゼの分泌量が
影響している割合が高いのです。

 

 

 

5αリダクターゼがつむじ周辺や生え際に多いと、その部分から薄毛に
なってしまうのです。

 

 

 

母方の祖父が薄毛だと自分に遺伝してくるのか??

 

人と言うのは男性であるとXY、女性であるとYYという別々の染色体を
持っているのです。これが性別を作っていく染色体です。

 

 

男性はX染色体は母親から、Y染色体は父親から受け継ぎます。
しかし女性の場合はX染色体を両親から受け継ぐのです。

 

 

 

ここで大事なのは男性が持っているX染色体は、母方の父と母の
両方の遺伝子を引き継いでいる格好になるのです。

 

 

 

AGAになるのは男性だけで女性はならないと言われているので、
母親の髪の毛が薄毛かどうかだけでは判断できないのです。

 

 

しかし母方の祖父が薄毛であったなら、母親を経由して薄毛が
遺伝している可能性があるという事です。

 

 

薄毛になるのは遺伝が全てなのか?

 

 

上記の理由からも薄毛が親から遺伝するのは間違いないのです。
ただ不思議な事は薄毛の遺伝を受け継いだからと言って、絶対に
薄毛になるとは限らない事です。

 

 

 

薄毛になってしまうのは遺伝以外にもあるという事です。
 例えば刺激の強いシャンプーで髪の毛を洗いすぎたりする事は
薄毛につながってしまうのです。

 

 

 

なんで?って思われるかもしれませんが、
【頭皮や髪の毛をきれいにしなくては?】と思いすぎて
1日に何回もシャンプーをしてみたり、1回のシャンプーで
大量にシャンプー剤を使う事は、頭皮の皮脂を
落とし過ぎてしまって、頭皮のトラブルを招き、薄毛になる
原因になってしまうからです。

 

他にも薄毛になってしまう可能性がある原因
・喫煙
・食生活の乱れ
・睡眠不足
・過度な飲酒

 

 

わかりやすく言うと健康的な生活を送る事がそれだけで
薄毛予防になるという事です。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です