ヘアキャストの簡単な取り方!不潔な印象を持たれないために!

Pocket

ヘアキャストの取り方として有効なのは

「頭皮の乾燥を防ぐ」「髪を引っ張りすぎない」

の2つの方法です。

 

マカロニ状に毛髪に巻き付くヘアキャストは、

シラミに間違えやすく

非常に不潔な印象を持たれがちです。

 

最近では、大人だけでなく子供にも多いヘアキャストですが、

その正体はフケの一種です。

 

まずはヘアキャストが発生する原因を理解し、

正しく予防することが大切です。

 

ヘアキャストが発生する原因とは?

 

 

毛髪に白い粉が付着しているとシラミを連想する人も少なくありません。

シラミは他人に感染し、強烈なかゆみを伴うことから、

とても恐れられています。

 

そのため、自分や子供の頭に白い粉が付着していると、

ついついドッキリしてしまいます。

 

実はヘアキャストとシラミは、簡単に見分けることができます。

ヘアキャストはマカロニ状に毛髪に付着していますが、

触ると簡単に取り除くことができます。

 

これに対してシラミはしっかりと毛髪に付着していますから

簡単に取り除くことはできません。

 

というのも、ヘアキャストは「フケ」の一種であり、

毛根の一部が頭皮から飛び出たものですから、

粘着力は弱く簡単に取り除くことができるのです。

 

フケは頭皮の角質が剥がれ落ちたものですから、

毛根の一部であるヘアキャストと成分は

あまり変わることはありません。

 

つまり、フケと同じようにしっかりとケアすれば

ヘアキャストを発生させないことは可能なのです。

 

ヘアキャストが発生する原因は、髪が強く引っ張られることで、

毛根の一部が剥がれて頭皮から飛び出してしまうことです。

 

しかしながら、髪を引っ張るヘアスタイルは以前からあったものです。

それにも関わらず、特に最近ヘアキャストが

クローズアップされています。

 

そこには、刺激の強いシャンプーをはじめ

頭皮を乾燥させ環境を悪化させる原因があるのです。

 

ヘアキャストは根本から改善しましょう!

 

 

ヘアキャストの簡単な取り方としては、手やブラッシングでも十分です。

しかしながら、根本から対策しないと、ヘアキャストを増やしてしまいかねません。

 

また、白い粉がなかなか取り除けない場合、ヘアキャスト以外のトラブルが考えられます。

 

例えば、シラミの場合であれれば、他人にうつしてしまいかねませんし、

脂漏性脱毛症などのトラブルも考えられます。

 

自分で判断できない場合は、迷わず病院で診てもらうことをお勧めします。

 

ヘアキャストの原因が「髪を引っ張り過ぎること」であれば、

ヘアスタイルを工夫することで解消されます。

 

しかしながら、頭皮の乾燥に起因するものであれば、

その原因を取り除かなければなりません。

 

頭皮の乾燥に多い原因として上げられるのが、洗浄力の強いシャンプーです。

ここ最近のシャンプーは少量でも洗浄力が強く、

そのことが頭皮に悪影響を及ぼしている場合があります。

 

例えば、シャンプーの種類を変更した際、いままでと変わらない量を使用していても、

頭皮に大きなダメージを与えることもあります。

 

これは、自分では意識していなくても、洗浄力が強いシャンプーを

使っていることもあるのです。

 

したがって、シャンプーを変更する際は、天然成分由来の質の高い

頭皮に優しいものを選ぶようにしましょう。

 

また、すすぎが不十分で頭皮にシャンプーが残っていても

ヘアキャストを発生させてしまいます。

 

そこで、髪を洗う際にもシャンプーは少量に抑え、手のひらで

頭皮全体を包み込むように優しく洗い、しっかりとすすぐことがポイントです。

 

<<まとめ>>

 

ヘアキャストの取り方としては「頭皮の乾燥を防ぐ」

「髪を引っ張りすぎない」ことです。

 

とりわけ「頭皮の乾燥を防ぐ」ことは、頭皮環境を改善しますので、

頭皮にとって非常に有効な手段です。

 

頭皮の乾燥を防ぐには、シャンプーでの洗髪方法がポイントです。

 

最近のシャンプーは洗浄力が強いものが多いので、

頭皮に優しいものを選びできるだけ少量に抑えることがポイントです。

 

また、頭全体を手のひらで包み込むように優しく洗い上げることが大切です。

 

さらに、しっかりとすすぐことで、乾燥のない健康的な頭皮によみがえらせ、

ヘアキャストのない頭皮環境とすることができます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です