ヘアキャストが取れない場合の対処法!

Pocket

ヘアキャストが取れない場合、「アラマジラミの卵」の可能性が

ありますので、早急に皮膚科を受診することをお勧めします。

 

ヘアキャストはフケの一種ですから、手で取ることができます。

 

一方、アラマジラミの卵はヘアキャストに非常に似ていますが、

髪に粘着しているので、なかなか取れないことが特徴です。

 

そこで、ヘアキャストやアマラジラミの卵に適格に対処するには、

それぞれの特徴を把握した上で有効な対処法を実践することです。

 

ヘアキャストによく似たアマラジラミの卵とは?

 

 

 

髪や方に白い粉のようなものが落ちていると、不潔に見えてしまいますから、

人目が気になってしまいますよね。

 

白い粉の正体として考えられるのはヘアキャストもしくはアマラジラミの卵です。

どちらも正しく対処することで撃退できますが、まずはしっかりと見分けることが大切です。

 

ヘアキャストは、髪を強く引っ張ることで毛根の一部が頭皮から剥がれ出て、

毛髪にマカロニ状に巻き付いたフケの一種です。

 

その発生原因は、フケと同様に頭皮環境の悪化と考えられています。

例えば、頭皮の乾燥を助長する熱いシャワーやドライヤーは

ヘアキャストを増殖させます。

 

その他にも、シャンプーのすすぎ残しや枕の雑菌なども

ヘアキャストを増殖させる原因です。

 

また、ヘアキャストはマカロニ状に毛髪に巻き付いていますが、

粘着しているわけではありませんから、

手で簡単に取り除くことができるのも大きな特徴です。

 

一方、アマジラミは人の頭に生息するゴマとほぼ同じ大きさのシラミになります。

普段は頭皮の血液を吸って生きており、

血管が多く集まる耳の後ろに生息することが多いようです。

 

成虫は動きが早くて髪をかき上げるとサッと逃げてしまいます。

人への感染が広がりますので、見つけたらすぐに対処しなければなりません。

 

ヘアキャストに間違えやすいのはアマジラミの成虫ではなく卵です。

卵は約0.5㎜程度ですから、見た目では区別がつきません。

 

ただし、ヘアキャストと異なりアマジラミの卵は髪に粘着していますから

簡単に取り除くことができません。

 

したがって、ヘアキャストが取れない場合、アマジラミの卵の可能性もありますから、

取り除きにくいと感じたら皮膚科を受診すべきです。

 

ヘアキャストやアマジラミの卵への対処法!

 

ヘアキャストを予防するには「髪を引っ張り過ぎないこと」

「頭皮を乾燥させないこと」です。

 

とりわけ、シャンプーによる洗髪には注意が必要です。

 

シャンプー選びに関しては、アミノ酸系の頭皮に優しいものを選ぶと良いでしょう。

また、洗髪の際には爪を立てずに指の腹や手のひらで優しくマッサージするよう

丁寧に洗うことが大切です。

 

頭皮環境が改善されれば、髪を引っ張ってもヘアキャストは出にくくなりますよ。

 

アマジラミを駆除するには、専用の目の細かい櫛で丁寧に除去します。

さらに、フェノトリンという駆除薬が含まれているスミスリンシャンプーで

髪を洗うことで、成虫の大半は駆除できます。

 

しかしながら、非常に厄介なのは成虫ではなく卵になります。

 

実はアマジラミの卵はスミスリンシャンプーでも駆除できないため、

目の細い櫛で取り除くしかないのです。

 

ただし、この方法だと非常に手間がかかってしまうため、

ヘアアイロンで駆除する方法もあります。

 

これはアマジラミが熱に弱いことから

行われる方法ですが、髪が傷んでしまうため、

あくまでも補助的な方法と考えた方が良いでしょう。

 

<<まとめ>>

 

ヘアキャストが取れない場合、アマジラミの卵の可能性もありますので、

判断に困る際には皮膚科に行くことをおすすめします。

 

ヘアキャストはフケの一種ですから、他人に感染することはありませんが、

アマジラミの卵は人に感染しますので、早期発見が絶対条件になります。

 

ヘアキャストは、頭皮環境を改善することで治すことができますし、

アマジラミの卵も専用のシャンプーなどで完治します。

 

いずれにしても、早期に対処することが大切なのは

言うまでもありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です