ヘアキャストはシャンプーで予防できる?頭皮環境がポイントだった?!

Pocket

ヘアキャストを予防するには髪に優しいシャンプーを選び、

正しい洗髪方法を実践することです。

 

ヘアキャストは種類的にはフケであり、髪の引っ張り過ぎが原因とされています。

特に頭皮環境が乱れていると、ほんの少し髪の毛を引っ張っるだけで

ヘアキャストが出るのです。

 

ヘアキャスト自体のその正体を理解し、正しく予防することが必須です。

ヘアキャストの特徴とは?

 

多くの人々が毛髪や頭皮に関するトラブルに悩まされています。

特に最近多いのが「頭をよく見たら白い粉が大量に付着している

といったものです。

 

白い粉というと「シラミ」を連想する人も少なくありませんが、

断定はできませんが、それはヘアキャストの可能性があります。

 

ヘアキャストとは種類的にはフケになります。マカロニのように筒状になっており、

髪の毛を覆うように着くのが特徴です。

 

一見すると、頑固にくっ付いているように見えますが、

手で触ると簡単に取り除くことができます。

そもそもフケは、頭皮の一部が剥がれ落ちたものです。

 

これに対して、ヘアキャストはフケの種類なのですが、

頭皮そのものではなく毛根の一部です。

髪を引っ張った際に、毛包の一部が外れて髪の毛に付着したまま

頭皮の外に出てしまったものです。

 

つまり、様々なヘアスタイルに挑戦する際、頭皮や髪が傷んでいると、

少し髪を引っ張っただけでも毛根の一部であるヘアキャストが

髪に巻き付いて飛び出してしまうのです。

ヘアキャストはシャンプーで予防しましょう!

 

ヘアキャストはシャンプーで予防できますが、大量のヘアキャストを

見つけた場合は、皮膚科に診察してもらうことがおススメです。

ヘアキャスト自体は、頭皮環境を整え、髪を引っ張る習慣をなくせば、

自然と治るものです。

 

しかしながら、ヘアキャストはシラミや脂漏性脱毛症など他のトラブルと

見分けがつきにくいことも事実です。

後になって、他のトラブルだったことが発覚すると、症状を悪化させてしまったり、

完治までに余計な時間がかかってしまいます。

 

したがって、見分けがつかない場合は、病院で診てもらうことが得策なのです。

そして、ヘアキャストを防ぐために有効なのは、

日常的に髪の毛を過剰に引っ張らない事です。

 

毎日の生活の中でシャンプーやブラッシング、髪を結ぶなど、

髪に触れる機会は幾度もあります。

 

その際、時間がないと、ついつい雑に髪を扱ってしまい、

強く引っ張ってしまうことも少なくありません。

 

また、最近のワックスやスプレーなどは強度の強いものも多く、

無意識のうちに髪を引っ張ってしまっていることもあります。

 

まずは、こういった日頃のヘアケアを見直し、可能な限り毛頭皮や毛根を

傷つけないように、髪を優しく取り扱うことを実践しましょう。

 

またシャンプーの方法に原因がある場合があります。

 

そもそも、最近のシャンプーはノンシリコンであっても洗浄力が強いものが多く、

必要以上に頭皮にダメージを与える場合があります。

とりわけ、子どもの頭皮は非常にデリケートですから、

すすぎ残しがあると頭皮へのダメージは計り知れません。

 

頭皮環境が悪化すると、少し髪を引っ張っただけでもヘアキャストの原因になります。

そこで、アミノ酸系の頭皮に優しいシャンプーをチョイスすることをおススメします。

 

また、適量以上にシャンプーを使わず、爪や指を立てず、手のひらや指の腹で

頭皮を丁寧にマッサージしてしっかりとすすぐこともポイントです。

 

こうしたシャンプーの方法を見直すだけでも頭皮環境を改善し、

ヘアキャストを防ぐ事ができます。

 

<<まとめ>>

ヘアキャストを防いでいくためには、髪を引っ張り過ぎないだけでなく、

頭皮環境を整えることも大切です。

頭皮環境を整えるには、シャンプーの成分や洗い方を見直すことが大切です。

 

髪に優しいアミノ酸系のシャンプーは、頭皮がデリケートな子供にもおススメです。

シャンプーで洗髪する際は、頭皮を優しくマッサージすると良いでしょう。

 

また、シャンプーのすすぎ残し、ヘアキャストだけでなく、様々なトラブルの

原因にもなりますから注意が必要です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です